施工の流れ(契約前)

Step01 お問い合せ

まずはお電話・メールにてお気軽にご相談下さい。
お客様のお悩みやご要望、ご予算などお聞かせ下さい。


Step02 現地調査

現地調査をご希望のお客様には日程調整後お伺いさせて頂きます。
実際に現場を拝見し細かい部分まで現地調査させて頂きます。
現地調査の上で、お客様に最適な施工方法をご提案いたします。


Step03 お見積り・プランの提出

現地調査の上、お客様のご予算・ご要望を元にお見積り・施工プランを作成いたします。
お見積り・プランは郵送・FAX・メール・手渡しのいずれかにて、お渡しとなります。
必要な場合はご説明の為、仕様書やカタログ等も添付いたします。
工事内容や使用道具など専門用語が含まれております。
ご不明な点はお気軽にご質問下さい。


Step04 契約

お見積り内容にご納得いただけましたら、弊社にて契約書を制作し、本契約を結びます。




施工の流れ(契約後)

Step01 工事前着工挨拶

弊社では、工事が入る前に近隣へご挨拶に伺います。
ご迷惑をおかけしないよう作業内容や時間についてご説明させていただきます。


Step02 足場組立

はじめに安全性や施工品質を維持するため、足場組立をします。
基本となる足場の組み立ては、慎重に行います。
安定した足場は、よい塗装工事の基本となります。


Step03 ネット養生

周辺のお宅や植木、お車などが汚れないよう専用のネットで足場を覆います。
塗料などが飛び散り、汚れるのを防ぎます。
細かいところまでしっかりと覆い、配慮を忘れません。


Step04 高圧洗浄

高圧洗浄機を使用し、建物に付着している埃や汚れ、苔などを洗い落とします。
洗い流しきれなかった汚れは手作業で綺麗に洗浄します。
これらの作業を丹念に行うことで、塗料の性能が十分に発揮されます。


Step05 下地処理

サイディングやモルタルのひび割れなどを塗装前にしっかりと補修します。
また、コーキングが劣化している場合は、コーキングを打ち替えたり、増し打ちをします。
塗装・防水を施工するにあたり、素地面の補修工事で、凹凸や亀裂、欠損、目違い、ピンホールや豆板などを削ったり、埋めたりする非常に重要な作業です。


Step06 養生

塗装を行わない場所(アルミサッシなど)を養生シートなどでしっかり覆います。
この作業をしっかり行わないと、仕上がりが不十分なものとなるため、丁寧に行います。
塗り替え場所以外への汚れは絶対に残さないのがプロの仕事です。


Step07 下塗り

シーラー(プライマー)などの材料で下塗りを行います。
下塗りには塗料の密着性を高めるための接着剤のような役割や、下塗りにより小さいひび割れを埋める役割りがあります。
この工程がないと劣化が早くなってしまうため丁寧に施工を行います。


Step08 中塗り

塗膜に厚みをもたせるために中塗りを行います。
中塗りには上塗りを美しく見せるための下地のような役割りがあります。
汚れや、カビが気になる外壁には、高品質塗料で再発を防ぐなど、家の傷み状況に応じた塗装を行います。
木部と鉄部は外壁と同ランク以上の高品質塗料で塗装することが原則です。


Step09 上塗り

上塗りは、見栄えに直接関わる大切な工程です。
陽のあたる外壁面と陰になる外壁面で、傷み方も変わってきますので、塗る回数も変わることがありますが、基本は3回塗りで仕上げます。
この工程を丁寧にすることで、紫外線や雨などから受けるダメージを最小限に抑えられ、長期間美しい外壁を保つことができます。


Step10 最終確認

細かい塗料の拭き残しや塗り残し、塗りムラの確認作業を行います。
足場を解体してからではやり直しが不可能になってしまうため、足場解体前にしっかりとした最終確認を行います。


Step11 足場解体・清掃

塗り残しや、塗りムラの最終確認を行った後は、養生シートを取り外し、足場の解体を行います。
そして最後に建物周辺や敷地内外の掃除を行い、施工完了となります。